様々な観点からバンクイックと消費者金融との違いを説明

今話題のキャッシング、バンクイック。多くの人を虜にするその魅力は何なのでしょうか。他のキャッシングと比較してみましょう。
まず金利からです。一般的に消費者金融で融資を受けた場合には、金利が18%ほどつきます。それと比較し、バンクイックでは14.6%と、大幅に低い金利を実現しています。これがまず第一の魅力でしょう。
次に利用限度額についてです。消費者金融を利用しての限度額は最大で500万円〜800万円となっております。バンクイックも消費者金融と遜色無い限度額の500万円となっております。なのでこの点を比較した場合、結果は引き分けと言えるでしょう。
では、返済方法はどうでしょうか。バンクイックの返済方法は、全国にある指定のATM(セブン銀行を始めとするUFJ銀行と提携しているATM)を使い、簡単に返済することができます。それと比べ消費者金融の返済方法は、同じATM返済が可能のものがあるとはいえ、その数で劣ると思われます。また、バンクイックでは三菱東京UFJ銀行に普通口座がある場合、そこから自動で返済ができたり、ATMの手数料が不要だったりするので、これも魅力的です。
この他にも、総量規制に関する点で比較することもできます。通常、消費者金融から融資を受ける場合には、利用者の年収の3分の1以上の融資を受けることができません。それと比較し、バンクイックは総量規制の適応外とされているため、利用者の年収に関係なく、利用限度額内ならば借りたいだけ借りれる点がセールスポイントと言えるでしょう。
キャッシングと聞く、どうしても拭いきれないのが不安と恐怖です。悪徳消費者金融業者の詐欺まがいの貸付がテレビによって報道されることにより、このイメージが強いのだと思います。しかしながらバンクイックは三菱東京UFJ銀行がサービスを提供しているため、法令が遵守されるので安心できます。また、もし仮に支払いに遅延等があったりした時にはUFJ銀行系列のアコムが肩代わりすることになるのですが、アコムも法令の遵守を徹底されているため、その点に関しても安心です。
金利、限度額、総量規制に関する融資額、返済方法、安心感、どれをとっても消費者金融よりはUFJ銀行のバンクイックがお勧めということがわかっていただけたでしょうか。
しかしながら、いくら金利が安いとはいえ、14.6%の年利がついてしまうのですから、火の車にならないよう、注意は必要です。